自分の英語能力はどれくらい?

英語に限らず何事も、そもそも自分がどれだけのレベルにいるのかを把握しなければ、どんな対策(課題)をしていいかも決まりません。

では、英語能力はどのように構成されているのでしょうか。

英語力

まず一つは理解力です。

当然ですが、英語を聞いた時に、その意味を理解できる力です。
また、英会話に限らず紙媒体などで英文を読んだ時にも同様です。
相手の言っている意味が分からなければコミュニケーションが取れないので、重要な力と言えます。

 

もう一つは会話力です。説明力と言ってもいいかもしれません。

例えば、「先週末は何をしていましたか」という質問に、どう答えますか?
「友人と出掛けた」と答えられたとしても、そこで話は終わってしまいます。
それは会話ではありません。
「友人とどこにいったのか」「何をしたのか」「楽しかったか」など、恐らく英会話教室でなら聞いてくれるかもしれません。
しかし、実際に人とコミュニケーションを取る時、それで通用するでしょうか。
ずっと相手の質問を待っている人と話していても、つまらないと思いますし、そもそも相手に失礼です。

また、自分でどれだけの英語で話せるネタを持っているかというのも会話力の中では重要です。
母国語でもなかなか難しいとは思いますが、会話を一時間持たせられるくらいあるのか、挨拶や定型の話ができる程度なのか。
このネタをどれだけ持っているかで、英語の会話力も変わってきます。
コミュニケーションが前提であることを忘れず、身につけていきましょう。

 

自分の英語能力のレベルを把握していれば、実際に英会話教室などでコースを選ぶ際にも役立ちます。
英会話教室に通う場合は、コース選択前に専門のコーチなどにレベルを相談してみるのも良いでしょう。

ほんとに英語をものにしたいなら、実践&努力あるのみっ